圧倒的に使いやすいUIで
日常の定型業務を自動化

Overwhelmingly easy-to-use UI
automates daily routine tasks

~ RPA が求められる背景~
減少する労働人口。
求められる生産性向上・DX 化・働き方改革。

本国において2030 年には約650 万人の労働人口が不足するという統計が出ています。
その中でG7 の中で生産性が最下位である本国、DX 化などでの働き方改革で早急な生産性の向上の対策が求められています。
これらの問題の解決方法の1 つとしてAi やRPA などのIT ツールを活用し課題を解決していくことが期待されています。
RPA は2,000 年初期より欧米より普及が始まり、日本では2016 年をRPA 元年と言われ、大企業を中心に普及のスピードが加速されてきました。
一方で、中小企業への普及の速度は想定より進んでおらず、その一つの要因として現場への負担が大きいといことが挙げられます。 さらには高齢化によるIT 推進意欲の減少、IT 人材の不足など課題は多くあります。

2000年代に習った日本の高齢化社会のイメージ

2010年代の今、取り組むべき高齢化社会で経済成長する方法

2010年代の今、取り組むべき高齢化社会で経済成長する方法

とはいえ、ロボットを使って業務を自動化、効率化したいけど
立ち位置によって課題は様々

IT・デジタル化は必要
だが効果がわからない

担当できるIT人材が
いない

効果が見えないと
経営陣の理解が得られない

各担当の業務整理や
棚卸の負荷が心配

生産性UP・コスト削減は必要
だが、出来るか不安

兼任なので構築が
出来るのか不安

導入を検討はしているが…課題が山盛り

LIBEROBOを導入すると

真の意味での「働き方改革」をLIBEROBO で実現︕
在宅勤務、テレワークにLIBEROBO を加えることで「働く環境」もさることながら、「働く内容」を見つめ直すことが可能になりました。
LIBEROBO を導入することにより、ルーティン作業は自動化し、よりクリエイティブな仕事は人が行うことで、社員のモチベーション、企業への定着率も高めることができます。
また、データ変換等を任せることで、API によるSaaS 連携、AI を活用した業務の高度化にもつなげることができます。
是非、「真の働き方改革」をLIBEROBO で︕︕

得意領域!

ルーティン作業の代行

今まで人間が行っていた反復が伴う付加価値が付けづらい業務はLIBEROBO が正確に素早く遂行します︕
データのコピー&ペーストやブラウザからのスクラップ、文章からデータ抽出などが得意分野です。

得意領域2

業務生産性向上

今まで人間が行っていた反復が伴う付加価値が付けづらい業務はLIBEROBO が正確に素早く遂行します︕
データのコピー&ペーストやブラウザからのスクラップ、文章からデータ抽出などが得意分野です。

得意領域3

現場も納得のユーザビリティ

本来ソフトウェアはIT 部門での導入になりますが、LIBEROBO は既存業務の代行になるので、
実際に使用するユーザーは現場で、まさに現場が使いやすい設計になっています。

適応業務事例

不動産管理業務の効率化

⇒賃貸物件の管理(新規・更新の契約等)
紙帳票の基幹システムへのデータ入力

税理士業での業務効率化

⇒相続にかかわる紙の帳票を電子化

製造業での業務効率化

⇒調味料の調合カルテ(既存分と当日分)を電子化

人とRPA の月間単価比較

拘束時間

1日8時間
週3日勤務

月間単価

東京都平均時給
1,177円×8 時間×12日
+交通費他費用
14万円 / 月

ロボット

拘束時間

24時間
365日

月間単価

RPA ライセンス費
7.5 万円 / 月

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
* は必須項目です。

会社名
* お名前
* メールアドレス
* メールアドレス(確認)
* 商品
* お問い合わせ内容
備考